So-net無料ブログ作成
検索選択

藤田菜七子のフィジカルトレーニング可愛い顔でも体はマッチョ!? [フィジカルトレーニング]

藤田菜七子は競馬学校時代、一度だけ「もう辞めたい」と家に帰ってしまったことがある。その理由が騎手課程で行われているフィジカルトレーニングだった。
菜七子退学の危機

スポンサーリンク




何故フィジカルトレーニングなのか?

藤田菜七子が卒業後も「一番つらかった」と明かしていた競馬学校でのフィジカル
トレーニング。入学後の4月から9月までの半年で身体つきが変わってくるという
このフィジカルトレとは?

2016-04-07_070547.png
サンケイスポーツ

最近ではアスリートの常識になっている「体幹を鍛えるトレーニング」。
競馬学校のフィジカルトレの中でもメインとなるのがこの体幹トレーニング
のようです。

特に騎手の場合は疾走する馬の背中に乗って競技するので身体は常に不安定。
そんな中で100%の力を出さなければならないので、サッカー野球などに
比べると地面に足を着いていない分、より体幹の強さが求められる。

腕力や脚力はもちろんのこと、腹筋や背筋がふにゃふにゃした状態で時速
60~70キロで疾駆する競走馬に乗ったら、簡単に落馬することは素人でも
想像がつく。

スキージャンプ競技の高梨沙羅さんやフィギュアスケートの浅田真央さんも
共通のトレーナーでこの体幹を徹底的に鍛えるというトレーニングを行って
いるようです。いずれも足が地面に着かない状態でプレーするスポーツです。

体幹を鍛えた菜七子はマッチョなの?

体幹とはどの部分を指すかということですが、頭と手足以外の全部を指すという
のが正解のようです。首からお尻までが文字通り体の幹ということになるので、
腹筋や背筋も体幹を鍛えるトレーニングになります。

非常に広範囲なので、ちょっと前までは体幹=インナーマッスルという大ざっぱ
なとらえ方がされていましたが、正確には体幹のより深い部分の筋肉(深層筋)を
インナーマッスルといいます。つまり体幹に内包されるのがインナーマッスルで
かなり狭い範囲の筋肉になります。

同じ体幹でもインナーマッスルはいくら鍛えても、外側からはわかりません。
なのでフィジカルトレーニングで藤田菜七子が競馬学校を辞めたくなるほど
体幹を鍛えさせられたといっても、必ずしもマッチョになったとは言えません。


スポンサーリンク




藤田菜七子が行ったフィジカルトレ

藤田菜七子はフィジカルトレーニングで具体的にどんなことをやっていたの
でしょうか?競馬学校にフィジカルトレーニングが導入されたのは2009年
からだそうです。
「授業内容は年々進化しています。騎手は馬上でのバランスが重要。模擬レースで一緒に騎乗した現役ジョッキーは、生徒たちの騎坐の安定感が昔に比べてレベルアップしたと話していました。」     亀井慎一校長
 スラックライン:幅約5cmのナイロンベルトの上で立ったり、歩いたりと様々な
動作を行う、綱渡りとトランポリンを融合したような新しいスポーツ。バランス感覚
の養成と集中力を高めるのが目的。競技スポーツとして世界各国で大会が行われている。
取り入れている現役ジョッキーは多い。

 綱のぼり:体育館に吊された綱を、腕の力だけで天井までよじ登る。さらに腰に5キロから最大20キロの錘(おもり)をぶら下げた状態で両手で綱を登る。重りをつけたまま逆さまにぶら下がって20秒キープなど。全身に相当の負荷がかかるので普段から鍛えている人でない限り、綱にぶら下がるだけが精いっぱいでしょう。
「同期に迷惑をかけていたので、あまり好きじゃなかったですね。フィジカルがある日は、午前中の騎乗訓練のときから『午後から(フィジカルトレが)あるんだ』という感じで…    菜七子」


藤田菜七子のフィジカルトレーニング動画

【競馬】2016 特集 藤田菜七子 騎手 中央競馬デビ... 投稿者 athlete-cool
美人騎手 増沢由貴子

スポンサーリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。