So-net無料ブログ作成
検索選択

競馬学校花の12期生増沢由貴子騎手が引退! [女性騎手]

競馬学校花の12期生」の一人、増沢由貴子騎手が2013年9月30日付で引退を発表しました。

2016-02-28_075923.png
出典:http://ameblo.jp/kozukata-shou/entry-10661931785.html

増沢由貴子騎手は1993年にJRA(日本中央競馬界)主催の
競馬学校に入学して1996年3月にデビューした女性騎手です。

増沢由貴子騎手が引退することでJRAの現女性騎手は
ゼロになってしまいます。

スポンサーリンク




競馬学校花の12期生とは

増沢由貴子騎手が競馬学校へ第12期生として入学しました。

騎手候補生となった同期には細江純子、田村真紀なども
いて女性騎手候補生3名というのはJRA史上初のことでした。

この年入学したのは全部で10人で、その中に3人もの女性騎手
がいたことや、そのほかにも名騎手、福永洋一さんの息子さん
がいたり双子の兄弟がいたりと、かなり注目される要素がいっぱいの
12期だったことから、「競馬学校花の12期生」といわれるように
なったそうです。

また実績面でも、前後の年よりも華々しく優秀な結果を出す
騎手が多かったため「競馬学校花の12期」は“人材の宝庫”とも
いわれました。

増沢由貴子騎手とは

増沢さんは1996年のデビューから2004年まで
の9年間でJRA通算34勝を挙げています。(地方を含めると40勝)

この成績は今までにJRAデビューした女性騎手6人中では最高。

デビューの月には女性騎手初のJRA勝利を記録。
その年には9勝。翌年は11勝と順調でしたが
3年目の1998年には3勝と成績は落ち込んでしまいます。

この年には落馬事故に巻き込まれて負傷し、1年半の休養
を余儀なくされてしまいます。

2000年に怪我から復活しますが、デビュー後丸3年を経過して
減量特典も消えたことなどもあって、騎乗機会も少なくなり
勝利数も激減してしまいます。

その後、所属の増沢末夫厩舎の調教師である長男との
交際が発覚して、2006年に結婚

この時には人気女性騎手に調教師が手を出した
という批判的な手紙が届いたこともあったらしいですね。

以降2004年の勝利を最後に9年間中央競馬での
勝利がないままに先日の引退となってしまいました。

スポンサーリンク






増沢由貴子騎手と藤田菜七子騎手の共通点

増沢由貴子騎手と藤田菜七子騎手との共通点は何といっても、
美人ということでしょうね。



結婚後の動画ですが美しさに増々、磨きがかかってますね。^^

今年競馬学校へ入学した藤田さんもそのかわいらしさで
デビュー前から芸能人顔負けの人気ぶりですが、増沢騎手も当時は
追っかけが現れるほど、美人騎手として話題を集めました。

デビューしてからは「マッキー」の愛称でファンも増え、
デビュー2年目の97年には本木雅弘や鶴田真由とJRのCM
にも共演しています。

その時のCMはこちらでご覧いただけます。(デビューの翌年19歳の時の映像
なので旧姓の牧原となっています)⇒⇒ https://www.youtube.com/results?search_query=https%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3DKbbqhGP8B3w

引退後は調教助手として活躍するそうです。

増沢由貴子騎手の引退によって、JRAの現女性騎手は
ゼロにはなりましたが、これは一時的なこと。

今年競馬学校へ入学した藤田菜七子さんが順調にいけば
3年後の2016年に女性騎手としてデビューします。

先輩女性ジョッキーの増沢由貴子さんに人気実力ともに
負けないような騎手になって欲しいですね。

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。