So-net無料ブログ作成
検索選択
藤田菜七子プロフィール ブログトップ

藤田菜七子のWiki的プロフィールはこちら [藤田菜七子プロフィール]

藤田菜七子 Wikiで検索してみましたが プロデビュー前であり、当然ながらまだ作成されていませんでした。
(追記:2016年3月2日現在藤田菜七子のWikiは作成されています。)

スポンサーリンク




それならと、藤田菜七子さんのWikiに代わるプロフィール
をなるべく詳しく書いてみました。

2016-02-29_084013.png出典:http://ameblo.jp/

藤田菜七子Wiki的プロフィール

藤田菜七子(ふじた ななこ)

出身地 茨城県北相馬郡守谷市

生年月日 1997年8月9日(18歳)

身長 157.4cm

体重 45.6kg

血液型 A型

星座 獅子座

所属団体 JRA

所属厩舎 根本康広厩舎

平成25年4月 JRA競馬学校 騎手課程入学
平成28年2月 JRA競馬学校 騎手課程卒業

初免許 2016年

家族  父 稔さん(55)

    母 恵子さん(45)

    弟 悠作君(15)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
小学6年生の時にテレビの競馬中継を見て、馬の走る姿が
かっこ良く思えて騎手になりたいと思った。

競馬学校騎手課程32期生として入学。
同期には荻野 極 (おぎの きわむ 東京都)
菊澤 一樹 (きくざわ かずき 茨城県) 木幡 巧也 (こわた たくや 茨城県)
坂井 瑠星 (さかい りゅうせい 東京都) 森 裕太朗 (もり ゆうたろう 宮城県)らがいる。

今後の抱負を聞かれて
「たくさんの人から信頼され、愛される騎手になりたいです。
また常に感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思います。」
と答えている。

印象に残っているレースは2008年の天皇賞。
(1位ウオッカ、2位ダイワスカーレット)

目標とする好きな騎手はニュージーランドの女性騎手リサ・オールプレス。
競馬に対する姿勢を尊敬している。

勝ちたいレースは日本ダービー、牝馬が好きなのでオークスも。
いつか大きなレースを勝ちたい。

スポンサーリンク




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長所 いつも明るい
短所 悔しいとすぐに泣いてしまう

幼い頃からピアノ、英会話、水泳、武道を習い、空手は初段、
剣道は二段の腕前。ほかには水泳、ピアノ、フラダンスなども。

好物 お肉
嫌いな食べ物 キュウリ、スイカ、漬物


小学6年生から自宅から車で1時間ほどの美浦トレセンの乗馬苑に
両親の送迎で通いはじめる。ここで初めて馬に触れ、背中にまたがった。
その時の印象は「馬ってこんなに高くて揺れるんだ。」

当時乗馬苑で指導を行っていた渡辺雅也さん(47)は
「最初から他の子とちょっと違うな、と。馬を怖がらなかったし、 何よりセンスがあった。指導していても同期の子と伸びが違うんです」
と回顧している。

乗馬苑では騎手課程を目指す生徒が属する「ジュニアチーム」へ
加入して英才教育を施された。

2012年、競馬学校騎手課程に応募して153人中、合格者わずか
7人の難関を突破して合格した。

競馬学校では移動で乗馬苑から競馬学校の教官として就任していた
渡辺雅也さんと再会する。

同期の中でも乗馬は好成績を収めていました。一方で、非力だったのでパワーのある馬には力負けしていた」
と藤田菜七子について話す。

「競馬学校の3年間で辛かったのは、フィジカルトレーニングの授業でした。」
と藤田菜七子自身も語っているように、パワー不足を補うために、最後の1年間
は菜七子にだけ、追加のフィジカルトレーニングが課された。



競馬学校時代と今後の課題は?

競馬学校の3年間で辛かったのは、フィジカルトレーニングの授業でした。辛くていやになったこともありましたが、力がついたことはとても良かったです。楽しかったのは、美術の授業です。皆でいろいろと話をしながら、版画を彫ったり、彫像を作ったりしたのが楽しかったです。


課題は、騎乗フォームや下半身の筋力を上げていくことです。馬へのアタリが柔らかいのが、アピールポイントだと思います。女性ならではの面を生かしていきたいです。たくさんの方に信頼され、愛される一人前の騎手になりたいです。そして日本の競馬といえば日本ダービーだと思いますし、いつの日か日本ダービーを勝ちたいです。」


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬
藤田菜七子プロフィール ブログトップ